スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

環状-kanjo

/Users/asano/Documents/p1m.jpg
<環状族>
環状線を一般車をすり抜けながら高速で走り回る集団で、首都高速道路のルーレット族に似ている。昭和60年代から平成初頭にかけて全盛期を迎えたが、今となっては都市伝説的なものとなっている。しかし、現在でも全盛期から続くチームが幾つか存在しており、その姿を見ることができる。

全国的にいう違法競走型暴走族と比べて、共同危険型暴走族上がりの者が多いため、全盛期の頃はチーム同士の抗争などが繰り返された。環状族の特徴は、料金所では料金を支払わず違法に突破したり、ナンバープレートを外したり隠したりしていることが挙げられる。ナンバープレートの上からアルミホイルなどを貼り付けて隠したり、チーム名や車種名を書いたダミーのナンバープレートを掲示するのが、摘発逃れの定番であった

使用される車はホンダ・シビックが多い。特に全盛期にはワンダーシビック(3代目モデル)とグランドシビック(4代目モデル)が圧倒的な人気を誇り、現在でも関西地方の中古車販売店では、「環状仕様」に改造されたシビックを見ることができる。その他にも、CR-X、カローラレビン、スターレットなど、小~中排気量クラスのスポーツモデルに人気が集中していた。これらはレースカーさながらのチューニングや、派手なカラーリングを施されていることが多い。シビック系は、「直管マフラー・車高調・ロールケージ」のサーキット仕様に改造するのが定番であった。

とまぁ説明だけみると非常に反社会的集団ですが昨今この環状族をベースにしたカスタムがはやっています。
そもそもこの流行はアメリカに端をはっする訳ですがそれが今日本に逆輸入されJDMというムーブメントを巻き起こしております。
なので当時ものパーツにプレミアがついたり旧車ホイールが品薄(アメリカに流れているようです)という事態を巻き起こしています。
この環状族を描いた漫画「なにわ友あれ」なんかも有名ですよね。

確かにかっこいいんですよね!
とりあえずこの動画でどんな感じかわかるはずなのでcheck it out!
ちなみにこれはサーキットでもイベントでもなく普通の高速道路で実際行われていたものです。
いっちゃってます!


by k-01

Tag:CAR  Trackback:0 comment:0 page to top

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

NoLimit

Author:NoLimit
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。