スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

チキンバスレース。そしてエルサルバドルへ。

さてさて!
ではグアテマラはシェラから一気にパナマを目指す為にTICAバスという国際バスに乗ります。

エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカは通過だけとなります。



なんでかって?

いや、行きたかったんですよ。
でね、久しぶりにお金の計算したのね





全然お金ないのね(^_^)



まぁここまで全く節約とかしてないからなー。

節約ってめんどくさいか(^O^)
ホントはコスタリカで幻の鳥!ケツァールを撮れ!!
みたいな1人水曜どうでしょうしたかったのに。
600ミリ望遠レンズ買おうと思ったのに。


とまぁそんな感じ。
そしてお世話になったホストファミリーに別れを、、、


そういえばちゃんと出来なかったww



なぜかというと深夜2時に出発したからである。
チキンバスで。

もちろん深夜のチキンバスは危険が伴います。



そこで僕は秘密兵器を繰り出した。




ホストマザー、マリアの彼氏!

マザーに彼氏?
とかいう質問は受け付けません。



これがなかなか悪人ズラなのである。
いいやつなのだがww

これで多少安心である。
逆にバスジャックしたろうか?

くらいの勢いである。


久々にバックパックを背負い夜のバスターミナルに向かった。

そしてバスターミナルについた時懐かしい感覚が襲ったのである。








怖い!

とっても雰囲気が悪いのである。
でもこの緊張感が旅の醍醐味であると私は思っている!






私は思っている!!






そんなこんなでバスに乗車。

右前の男がオレを見てくる。
そりゃこんな時間にでかい荷物持ってチキンバスに乗ってくるアジア人など珍しいに決まっている。


男がオレの顔を見る。


そうだよー日本人だよ(^_^)


男がオレの荷物を見る。


そうだよー旅してるんだよー(^_^)


男が後部座席に相槌を送る。


そうだよーうんうん(^_^)



そして後部座席に目をやる。








!?



めっちゃ怖そうな人たちいるよー(^_^)



ロックオン!?ww



この瞬間チキンバスで寝ようという算段は狂ったのである。



そして首都グアテマラシティーを目指す。


めちゃめちゃ飛ばすのである。
いや峠道とかは良かったんだ。

そうだー!
アウトインアウト、、、ここでアクセル!!
うまいじゃないかー。

などと余裕をぶっこいていたわけだが
問題はグアテマラシティー付近になり交通量が増えてから。

客獲得を掛けたチキンバスのレースが始まったのである。
流石に怖かった。


2車線の道でなぜチキンバスが三台並んでいるのだろうか?
それもとんでもないスピードで。

二次関数をフルに活用したがその答えは出なかった。
使う公式を間違えてしまったんであろう。


今となってはその答えを導き出す術はない。


と、そんなくだらないことを言ってる間に何とか無事にグアテマラシティーに到着。


ちなみグアテマラシティー、サン・サルバドル、マナグア、サン・ホセと中米首都はスリ、強盗多発地域であるので細心の注意が必要である。

これからすべてに行くのである!

漢気が上がること間違いなし!!ww



面白くない?
知っている。



そしてマリア彼氏に別れを告げ午前6時にTICAバスターミナルに到着。


早すぎた!
俺の完璧なリサーチによるとバスは午後1時である。
そしておれの完全無欠なリサーチによると2泊3日である。


俺「パナマ行きたいんだけど席空いてる?」
受付「あるよー。三泊四日」
俺(三泊四日だと?まぁいくら完璧な人間でもミスはたまにあるな。)
俺「買わせていただこう!一時出発だよな?」
受付「今だ。急げ」
俺(≧∇≦)





完全無欠である。

そうして一ヶ月半滞在したグアテマラを後にしたのであった。
次はエルサルバドル!

k-01

Tag:適当野郎がバックパッカーになるとどうなるか  Trackback:0 comment:0 page to top

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

NoLimit

Author:NoLimit
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。