スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

メキやんに連れられて

おはようございます。

今日も安定の5時起きです。
どうやら三時間睡眠で大丈夫な体になったみたいですw

さて、滞在中の宿の周りはsotoというメキシコ人街な訳です。
土曜の夜はそこら中から音楽と歌声が聞こえてきます。
image_20130305014004.jpg


確かに貧しいですがみんな楽しそうです。

この辺は夜中歩き廻っても大丈夫みたいです。
たぶんw
僕が被害に合ってないだけかも知れませんがw

この当たりは裏道含めほとんど歩き尽くしました。

滞在して分かったんですがメキシコ人はおおらかです。
イメージ変わりました。
そして、身長もほとんどの人が自分より小さいので威圧感もありません。
たまにハイソックスにスキンヘッド、バンダナ、ヒゲという絵に描いたようなチカーノもいますがw

ただ、英語がスペイン語訛りもしくはスペイン語しか話せない人もちらほらいて困ることもあります。
まぁ英語がちゃんと出来ててもどの道困るんですがw

先日の話です。
夜にダウンンタウンとリトルトーキョーをブラブラしてsotoに帰ってきてちょっとお酒が飲みたくなったので陽気な音楽に誘われ駅前にあったバーに入りました。


ふぅ


地元のおじさん、おばさんしかいないぜ!

そんな中若い日本人が入って来たので嫌でも目立ちます。

でもここで日和ったら負けだ!(なにに?)

ドヤ顔で頼みます!
俺「ビアー!」
ママみたいな人「なんちゃらかんちゃら」
また、伝わってないのか、、、
俺「ブィヤァァァ(どうだこの発音)」
ママ「なんちゃらかんちゃら」
俺「(なぜ伝わらん)what's!!??」
ママ「How old are you?」
俺「(聞き取りずら!!IDチェックか!)24years old!!」
アメリカはお酒のIDチェックが厳しいです。

そんなこんなで何杯か飲んでるとおばさんにダンスに誘われました。


嫌です。


というか踊れません。
店で掛かってる音楽はメキシコの音楽。
つまり、あのステップが出来ないと話しにならないわけですw

が、引っ張られて無理矢理やらされました。
案の定出来ませんでした。

そのあとおばちゃんが付いてくるのがだるくなって店を出た時

???「へい!メーン!」
俺「ふぇ?」
そこにいたのはおちゃんになりかけくらいのにぃちゃん
話をすると飲みに行こう!俺らは友達だ!!





うさんくせーーー!!!ww



着いてきましたw



今んとこ相手は一人だし、なんかよってるから最悪逃げればいいや。
いや、最初は断ったんです。
名前はラファ。
俺「俺金ないしいけないよ」
ラファ「大丈夫!俺が払う」
俺「本当に本当に払ってくれんの?」
ラファ「オフコース」

三回くらいこのやり取りを繰り返し。

まあそこまで言うなら言ってやろう。
靴紐はシッカリ結んであります。
こいつね
image_20130305014001.jpg


で、連れられて入ったのが(先に入って閉められるのは困るのでラファを先に入らせました)ショーパブ見たいなところ。

出演者はおかまでしたw
ちなみにラファはここの馴染みみたいです。
image_20130305014002.jpg


最初の一杯。



おや?
ちゃんと払ってくれました。
いいやつじゃん。

で、二杯目を飲もうというので頼むと、、、

こいつあと一ドルしかねーじゃんw

でも、なんとかこれで飲ませてくれみたいな交渉をしてる模様w
まぁ当然無理なんで店員さんは引き上げようとします。
でも、まぁ楽しいしなんかお金ないのにおごらせて可哀想だからおごってあげました。

実際ラファのおかげで他のお客とかとも仲良くなれたし。
メキシコと日本のハーフの女の子もいました。
日本語はほとんど話せませんが。

で、しばらくするともう一杯飲もうというラファ。

俺「お前金もっってないじゃん」
ラファ「持ってる!」
俺「じゃ見せて」
もちろんゴソゴソやりますが1ドルしか出てきません。
俺「ダメー」
諦めたようです。

ていうかこの時点でラファはかなり酔ってめんどくさくなってきました。
で、店員さんとなんか話してると思って近づくと
店員「タクシーを呼ぼうとしてるんだけどラファお金ないよね。あなた払うの」
俺「そもそもラファがおごるって言って来たんだよ。俺知らね」



よし!帰ろ!!w

俺「じゃーな!ラファ!」
なんか言ってましたが聞かずに去ります。
途中でさっきのハーフの子がいたのでジャパニーズお辞儀をし合っときましたw

で、小走りで帰りました。

もちろん危険だから断った方がいいこともあるだろうけど全部断ったらつまらない旅になるので来れからも見極めながら、常に脱出方を確保しながらついて行きたいと思います。


僕は元気です。

by k-01

Tag:適当野郎がバックパッカーになるとどうなるか  Trackback:0 comment:0 page to top

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

NoLimit

Author:NoLimit
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。