スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

DOING HARD TIME(ゲットアライフ)映画レビュー

DOING HARD TIME
出演: ボリス・コッジョー, マイケル・K・ウィリアムズ, スティッキー・フィンガーズ
監督: プレストン・A・ホイットモアII世
あらすじ…麻薬取引のもつれから住宅街で銃撃戦が発生。偶然、付近で遊んでいた子供が流れ弾の犠牲となる悲劇が起こる。容疑者のレザーとカーティス(マイケル・K・ウィリアムズ)は規制薬物不法所持で有罪となるも殺人については無罪の評決が下される。最愛の息子を失い自暴自棄になったマイケル(ボリス・コッジョー)は警官に怒りをぶつけ殺人未遂容疑で2人が収監されているカサウェイ刑務所へ。復讐を胸に秘めるマイケルだが、そこは暴行や裏切りが蔓延り、地獄の沙汰も金次第の刑務所だった…。

刑務所内のバイオレンスを描くと、やはりこういう描き方になるのでしょうか。
収賄される看守、暴行、対立。
ある意味ではそれらが常習的に描かれるほど当たり前の様になってきているのかと思うと空恐ろしい気もするのですが。

マイク(マイケル)は最愛の息子を銃撃戦の巻き添えで失います。
2人の男のどちらが打ったのかの特定ができず、
容疑者たちは殺人罪では無罪に。
規制薬物不法所持の罪で収監されるも、刑期は5年、3年で仮釈放になるというものでした。
マイクはカサウエイ刑務所に入り復讐をするために犯罪を犯すのですが
彼もまた罪の無い警官を半身不随へと追いやるのでした。

<感想>
暇だったのでいつものごとくマフィア、バイオレンスコーナーから探してきましたこの作品。
正直あまり映画業界には詳しくないのでよくわかりませんが有名なんですかね?
この作品。
いつものB級映画かとおもいきやちゃんとお金の掛かった作品でした。

マイクが一応主人公なのでしょうがカーティスのほうが登場多いです。
ストーリー的にもよくあるパターンですがしっかりと終われている気がします。
終わり方は賛否両論ありそうな感じですが、、、

でも普通に楽しめる作品だはないでしょうか!
ぎりぎり彼女と見ても大丈夫レベル!!w

是非ご覧ください
                                        BY k01

Tag:MOVIE  Trackback:0 comment:0 page to top

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

NoLimit

Author:NoLimit
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。