スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

CITY OF GOD 映画レビュー

images_20110707001422.jpg

監督: フェルナンド・メイレレス
出演: アレクサンドル・ロドリゲス
レアンドロ・フィルミノ・ダ・オラ
セウ・ジョルジ
“シティ・オブ・ゴッド”と呼ばれたブラジル・リオデジャネイロの貧民街を舞台に、暴力と貧困に埋め尽くされた子どもたちの日常を実録タッチで描いた衝撃の犯罪ドラマ。年端も行かぬ少年が殺人に手を染め、やがて街を仕切るギャングへと成長し激しい抗争に明け暮れる姿を壮絶な暴力描写で綴っていく。
 1960年代後半、ブラジル・リオデジャネイロの貧民街“シティ・オブ・ゴッド”では銃による強盗や殺人が絶え間なく続いていた。そこでは3人のチンピラ少年が幅を利かせている。ギャングに憧れる幼い少年リトル・ダイスは彼らとともにモーテル襲撃に加わり、そこで初めての人殺しを経験すると、そのまま行方をくらました。一方、3人組の一人を兄に持つ少年ブスカペは事件現場で取材記者を目にしてカメラマンを夢見るようになる。70年代、名をリトル・ゼと改めた少年リトル・ダイスは、“リオ最強のワル”となって街に舞い戻ってきた
<感想>
観光地として有名なリオですがスラムはヤバいですね
まず、パトカーがビートルなんですがリアルです。
正直ブラジル、メキシコ、プエルトリコなどのスラムはアメリカのスラムより相当厳しい環境なようです。
まぁこの作品は年代が少し昔なので現状とは違うとおもいます、というかちがっててほしいです。
ゲットー仕様とかリアルとか言ってますが南米の話を聞いたり観たりすると平和を願ってしまいます。
家がない、服がない、靴がない。
当たり前みたいですね。
小学生のような年から銃を持ちギャングに入る。
ブラジルだとあとはサッカーでしょうか。元ブラジル代表のアドリアーノもこういったスラムの出身だそうな。
そうするしかないんです。
それ以外にこの貧困を抜け出す術がないから。
頂点を極めれば敵も増えいずれ殺される、そして新しく頂点に立った者も同じ。
それの繰り返し、、、、
ただ自分にはどうすることもできない。
考えものですね。
ちなみにこの作品事実にもとずいた作品です。
是非ごらんください。
                             by k01

スポンサーサイト

Tag:MOVIE  Trackback:0 comment:0 page to top

SMART WAX carレビュー

smart wax
洗車用品ですね。
ちょっと前から話題になってたこの商品。
ヤマズとか身近なとこだとriversなんかが推してますよね。
だいぶ知名度もあがりラインナップも増えてきたみたいですね。

いろんなところで紹介されているのでラインナップなんかの紹介は省きます。
私も以前試しに購入しました。
一番ポピュラーなONEってやつですね。

やっぱり楽ですよ!
とっても便利です!
特に黒系のボデーにはもってこいだと思います!
あと個人的には匂いがアメリカ臭くて好きです。
その他、メッキホイール用だったりタイヤ用だったりを使いこなしたりすればかなり短時間でクオリティーの高い洗車ができるのではないでしょうか?

ただ揃えるとなるとそこそこの初期費用はかかりそうですね!
あと十分ツルツル、ピカピカなのですがやはり固形ワックスのほうが輝きはありますね。
何事も手間ひまかけるのが1番なのですねw

めんどくさがりやのあなたにはおすすめです!
Smart wax
正規代理店サイト
                                      by k-01

Tag:CAR  Trackback:0 comment:0 page to top

TRAINING DAY 映画レビュー

トレーニングデイ
監督:アントワーン・フークア
主演:デンゼル・ワシントン
   イーサン・ホーク
ロサンゼルス市警の麻薬取締課に配属となった新人刑事ジェイクは、ベテラン刑事のアロンソとコンビを組み、麻薬捜査のいろはを教え込まれる。数々の大事件を解決し、麻薬に絡むあらゆることを熟知しているカリスマ刑事アロンソは、ジェイクの手本であり憧れの存在。「かよわい子羊でいるのか。獰猛な狼になるのか。それを選べ」と忠告するアロンソは、犯罪摘発のためにはいともたやすく自ら法を犯す。とまどうジェイクをよそに、アロンソの行動はさらにエスカレートしていく……。
<感想>
もう何回見ただろう、、、
今やもう字幕がいらないレベルまでいってます。

ストーリーもまぁいいです。
でも特別いい訳ではありませんがこの映画、最も好きな作品の一つです。
アロンゾのモンテで街を走るときのstill D.R.E
インパラに乗った黒人のドヤ顔
ジャングルのギャングたち
チカーノギャング
ドレーとスヌープ

もう挙げたらキリがありません。
ちなみにこの映画に登場してくるギャング達は本物なんだとか。
どうりでリアルなはずでした。

とにかくみてください!!
でも彼女と観るのはあまりおすすめしませんw

                                          by K-01

Tag:MOVIE  Trackback:0 comment:0 page to top

DOING HARD TIME(ゲットアライフ)映画レビュー

DOING HARD TIME
出演: ボリス・コッジョー, マイケル・K・ウィリアムズ, スティッキー・フィンガーズ
監督: プレストン・A・ホイットモアII世
あらすじ…麻薬取引のもつれから住宅街で銃撃戦が発生。偶然、付近で遊んでいた子供が流れ弾の犠牲となる悲劇が起こる。容疑者のレザーとカーティス(マイケル・K・ウィリアムズ)は規制薬物不法所持で有罪となるも殺人については無罪の評決が下される。最愛の息子を失い自暴自棄になったマイケル(ボリス・コッジョー)は警官に怒りをぶつけ殺人未遂容疑で2人が収監されているカサウェイ刑務所へ。復讐を胸に秘めるマイケルだが、そこは暴行や裏切りが蔓延り、地獄の沙汰も金次第の刑務所だった…。

刑務所内のバイオレンスを描くと、やはりこういう描き方になるのでしょうか。
収賄される看守、暴行、対立。
ある意味ではそれらが常習的に描かれるほど当たり前の様になってきているのかと思うと空恐ろしい気もするのですが。

マイク(マイケル)は最愛の息子を銃撃戦の巻き添えで失います。
2人の男のどちらが打ったのかの特定ができず、
容疑者たちは殺人罪では無罪に。
規制薬物不法所持の罪で収監されるも、刑期は5年、3年で仮釈放になるというものでした。
マイクはカサウエイ刑務所に入り復讐をするために犯罪を犯すのですが
彼もまた罪の無い警官を半身不随へと追いやるのでした。

<感想>
暇だったのでいつものごとくマフィア、バイオレンスコーナーから探してきましたこの作品。
正直あまり映画業界には詳しくないのでよくわかりませんが有名なんですかね?
この作品。
いつものB級映画かとおもいきやちゃんとお金の掛かった作品でした。

マイクが一応主人公なのでしょうがカーティスのほうが登場多いです。
ストーリー的にもよくあるパターンですがしっかりと終われている気がします。
終わり方は賛否両論ありそうな感じですが、、、

でも普通に楽しめる作品だはないでしょうか!
ぎりぎり彼女と見ても大丈夫レベル!!w

是非ご覧ください
                                        BY k01

Tag:MOVIE  Trackback:0 comment:0 page to top

プロフィール

NoLimit

Author:NoLimit
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。