スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

ジョニー・マッド・ドッグ

images-2_20121102173700.jpg
ジョニー・マッド・ドッグ 

あらすじ・解説 - ジョニー・マッド・ドッグ

従順で無邪気で残酷な少年兵たちは、ほんの子どもに過ぎない。彼らを麻薬と洗脳で都合良く操り、大人たちは覇権争いという空虚なゲームに興じているのだ。コンゴ共和国出身の作家エマニュエル・ドンガラの同名小説を原作に、そんな戦争の真実を浮き彫りにする本作、演じているのはオーディションで選ばれた本物の元少年兵たちだ。内戦終結直後のリベリアで1年に渡って彼らと生活を共にした後に撮影に臨んだジャン=ステファーヌ・ソヴェール監督は、これまでドキュメンタリーで実績を積んできた実力派。製作は『クリムゾン・リバー』のマチュー・カソヴィッツ。08年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門HOPE賞受賞作品。

内戦で混乱を極めるアフリカ。反政府軍の名の下に虐殺・レイプ・強盗など残虐行為を繰り返す少年兵部隊。リーダーの“ジョニー・マッド・ドッグ”は、ナンバー2の“ノー・グッド・アドバイス”ら部下を引き連れ、上官の命令を全うすべく命知らずの行軍を続けて行く。一方、幼い弟と歩けない父親を抱えた13歳の少女ラオコレは、戦乱の街を逃げ惑っている最中、ジョニーたちが幼い少年をなぶり殺しにするのを目撃する。

<レビュー>
衝撃的作品です。
まずこの映画を観ていい気分になったりいい映画だったという映画的エンターテイメント性はほぼないのでご承知置きを。
モデルはリベリアの内戦となっていますが作中では特にこれといって国を特定するシーンはありません。
やはりこれをリベリアの過去の話としてでなく現在もアフリカ各地で同じ事が繰り返されているという事を強調したいのでしょう。
作品の中で「えっ。今の話で映画一本できるじゃん」
位の衝撃的な出来事がなんどか出てきましたが一つの出来事として過ぎて行きます。
はじめは少年兵たちの残酷さに嫌悪感を抱きますが物心ついた頃から戦っているから当たり前の事。
そして彼らの一見ふざけた外見をはじめだんだんと子供の部分が描かれていきます。
それをみるとやはり子供なんだと思います。
結局、我々が小学生のときと変わらなのです。
エアーガンで遊んだ事がある人は多いと思いますがそれが日本かアフリカかでエアーガンか実銃かの違いなのです。
私たちが小学生のときにこの状況に置かれたらと考えても想像もつきません。

あれだけ嫌悪感を抱いた少年兵。
それがだんだんと少年兵が犠牲者に見えてくるのです。
戦時中はコカインを与えられ帝国軍人よろしくの忠誠心を強いられます。
そして戦争が終われば大人に見捨てられます。
戦争しか知らない彼らから戦争が無くなって虚無感に襲われています。
彼らはもう何をしていいかわからないのです。

またこの映画は少年兵ではない一般市民の少女も被害者として同時進行のストーリーが展開されます。
彼女も無論被害者。

もう誰が被害者なのかわかりません。
戦争。
正直なくならないと思いますが少なくとも人格形成中の子供たちに兵士として参加させるのは言語道断ですね。
かといって私が出来ることはほとんどありませんがこうしてblogに書く事でひとりでも多くの方にみて知っていただけたらと思います。
今日もどこかでマッド・ドッグが生まれているのです。

by k-01
スポンサーサイト

Tag:MOVIE  Trackback:0 comment:1 page to top

プレシャス

images-8.jpg
「プレシャス」2010
監督 リー・ダニエルズ
出演 ガボレイ・シディベ
モニーク
ポーラ・パットン
<あらすじ>ハル・ベリーに黒人女性初のアカデミー主演女優賞をもたらした映画『チョコレート』でプロデューサーを務めたリー・ダニエルズが、初監督した本作。家族からの虐待に苦しむ黒人少女が、文字を知ることにより自我を確立し、自身の可能性を大きく広げて行く物語だ。彼女を襲うのは、目を覆いたくなるようなむごい現実の数々。しかし、彼女は自分をしっかりと持ち、周囲の人々に支えられながら生き抜こうとする。自身も虐待を受けていたという監督がプレシャスに託した希望が、強いメッセージと共に伝わって来る作品だ。プレシャスを虐待する母親を演じたモニークが、物語終盤に見せる凄まじい独白にも注目して欲しい。
あらすじ - プレシャス

ニューヨーク・ハーレムに暮らす16歳の黒人少女プレシャスは、二人目の子どもを妊娠していた。二人とも、実の父親に性的虐待されてできた子どもだ。彼女は実の母からも虐待を受けている。妊娠の事実が学校に知れ、プレシャスは学校を退学になる。代替学校に通い始めたプレシャスは、レイン先生と出会い、文字が読めるようになり、自分の感情を文字で人に伝える方法を知る。そして、劣悪な環境から抜け出そうと戦い始める…。

<レビュー>
最悪な環境で育ってしまったハーレムの黒人少女。
これまでそういったスラム街に関する映画は数多くありました。
が基本的には男性がギャングに入るというのが定石でした。
しかしこの作品は一般市民、それも女性に焦点を合わせています。
内容はかなり衝撃的なものです。
正直かなり重い話です。
ただ各所にみられる妄想シーンなどコミカルなカットや主人公プレシャスの根の明るさ。
それらがうまく映画として楽しめる調味料として効いています。
自分の今ある環境に感謝しようと思います。

by k-01

Tag:MOVIE  Trackback:0 comment:0 page to top

バグダッドカフェ

original.jpg
バグダッドカフェ
監督 パーシー・アドロン
出演 マリアンネ・ゼーゲブレヒト
CCH・パウンダー
ジャック・パランス
<あらすじ>
ミュンヘン郊外の田舎町、ローゼンハイムから観光旅行にやってきたミュンヒグシュテットナー夫妻は、ディズニーランドからラスヴェガスの道中で夫婦喧嘩になってしまい、夫(ハンス・シュタードルバウアー)と別れ車を降りたジャスミン(マリアンネ・ゼーゲブレヒト)は、重いトランクを提げてあてどもなく歩き出した。やっとの思いでたどりついた、さびれたモーテル兼カフェ兼ガソリンスタンド“バグダッド・カフェ”で部屋を借りようとするジャスミンに、女主人のブレンダ(CCH・パウンダー)は不機嫌な迷惑そうな表情を隠そうとしない。いつも昼寝ばかりしているバーテン(ジョージ・アキラー)、自分の赤ん坊の面倒も見ずに一日中ピアノばかり弾いているサルJr(ダロン・フラッグ)、ハネッカエリ娘のフィリス(モニカ・カローン)達に始終腹を立てているブレンダは、たった今ノロマな亭主サル(G・スモーキー・キャンベル)を追い出したばかりだったのだ。トラック野郎相手の女刺青師デビー(クリスティーネ・カウフマン)、ハリウッドから流れてきたカウボーイ気取りの画家ルーディ(ジャック・パランス)、そしてヒッチハイカーのエリック(アラン・S・クレイグ)と、客も奇妙なのばかり……。やがてブレンダは、この薄気味悪い大女ジャスミンを追いだそうと躍起になるが、彼女の怒りが爆発するのは、ブレンダの留守中にジャスミンがモーテルの大掃除をしてしまったこと。しかしその頃から、サルJrとフェリスがいつしか失くしていた包容力を求め、ジャスミンの部屋をしばしば訪ね、また彼女の柔和な人柄と笑顔に魅かれたルーディは、絵のモデルに、とジャスミンを口説き始める。そしてブレンダは、ある朝カフェの客相手に手品を披露し始めたジャスミン目当てに客が“バグダッド・カフェ”にやって来るのに、次第に表情をやわらげてゆくのだった。しかし、すっかりカフェの一員となったジャスミンに、保安官(アペサナクワット)は、ビザの期限切れと、労働許可証の不所持を理由に、西ドイツへの帰国を命じるのだった。数カ月後、ジャスミンは“バグダッド・カフェ”に戻ってきた。歓喜で彼女を温かく迎えるブレンダたち。そしてそんなジャスミンに、ルーディはプロポーズする。そして勿論、ジャスミンはそれを受諾するのだった。

<レビュー>
いやはやこの映画わかりません。
感動ドラマなのかコメディーなのかはたまたミュージカルなのか。
このシーンは一体なんですか?っていうのが多々ありまして、、、
ストーリーも後半のやりすぎ感は否めませんw
二回見ましたが未だ真意のわからないシーンがあります。
でもいつの間にかひきつけられていました。
好きですこの映画。
狙ってああゆう演出にしてるのであればすごいです。
また、フィルム自体に着色するという大胆な技法を使って面白い色合いの世界が描かれています。
そして随所で流れるコーリング・ユーがいい雰囲気出してます!
西ドイツの映画って多分これ以外に見た事ないですが独特な作品でした。
その不思議な魅力に惹き付けられてください。

by k-01

Tag:MOVIE  Trackback:0 comment:0 page to top

アメリカン・ミー

5.jpg
アメリカン・ミー
はい。
チカーノ系ギャングですね。
基本的には刑務所内のストーリーが中心の映画でございます。
この映画の凄い所は実際の刑務所で本物の囚人、本物のギャングが出演しているという所ですね。
抗争中のギャング同士も共演しているらしいです。
そこから伝わってくるリアリティーといったらもう。
厳しい現実が伝わってきます。
黒人と白人との刑務所ないでの覇権争いやチカーノ系ならではの厳しさなどがまじまじと描かれています。

黒人系ギャングの映画は結構多いですがチカーノ系は少ないので貴重な一本です。
撮影にも相当苦労したようでその様子がこちら。

ちょっと長いです。
しかも普通に出演してるひとがその後、抗争に巻き込まれて亡くなったり、失明したり。
まさに綱渡りです。

あれ?
フルがありましたw
でも字幕はないようです。
是非ともドキュメンタリーと本編両方ご覧ください。

by k-01


Tag:MOVIE  Trackback:0 comment:0 page to top

New Jack City

New Jack City(1991)
mv5bmjeymdy5nzczmv5bml5banbnxkftztc.jpg
監督:マリオ・バン・ピーブルス
出演者:ウェズリー・スナイプス、 アイス・T、 マリオ・バン・ピーブルス、 ジャド・ネルソン

ニュー・ジャック・シテイはドラッグを足がかりに裸一貫のし上がった若きドン、ニーノ・ブラウン(ウェズリー・スナイプス)によって牛耳られていた。
そんなニーノを倒そうと執念を燃やす黒人捜査官、スコッディ・アップルトン(アイス・T)と白人警官、ニック・ベレッティ(ジャド・ネルソン)。スコッティは母親を麻薬患者に殺され、ニックは自らが元中毒者という経歴をもっていた。
ある日、スコッティのスパイとなって潜入していたプーキー(クリス・ロック)が殺されたことを契機に、スコッティは自らおとりとなってニーノのふところに飛び込むことを決意する。そして、組織の内部ではニーノの幼なじみであるジー・マネー(アレン・ペイン)が反旗を翻し、抗争が始まった。
スコッティは正体を知られ、追いつめられるが、逆に反撃に出てニーノを撃とうとする。しかし同僚のストーン刑事(マリオ・ヴァン・ピープルズ)に止められ、ニーノは逮捕、裁判になる。量刑は思いがけず軽かった。
しかし裁判所を出たところでニーノは見知らぬ男に撃たれ、息絶えるのだった。
<レビュー>
はい。名作です。
といってもギャングものの映画は基本的にストーリーは代わり映えしません。
なので見所はファッション、音楽、車、街だと思っています!
この作品のファッションは強烈な訳で!
これぞギャングって感じです!アイス・Tが出てますので随所にイカしたサウンド使われてます!
個人的にはたき火の前でのアカペラシーンが好きなのですが。
とにもかくにもチェックしておくべき一作!

by k-01

Tag:MOVIE  Trackback:1 comment:0 page to top

プロフィール

NoLimit

Author:NoLimit
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。